これからはどんどん空き家が増えてます。
特に団塊の世代の動向が注目されています。
昭和の50年代、60年代にマイホームを購入した団塊の世代がそろそろ病院の世話になる時代になってきてます。

ニュータウンに戸建て・注文住宅を購入し週末は庭いじりを楽しんでいましたがそんなニュータウンも空き家が目立つようになってきました。

独立した団塊ジュニアは都心の生活が長いので東京まで片道一時間半の実家に戻る方は少ないでしょう。
大半は売却の流れになるのではと思います。

そうなると郊外の実家は負動産になりかねません。
実家に住む意思がなければ早くから売却を念頭にいれて行動したほうがいいと思います。

不動産価格の下落

どんどん空家の売りが増えて購入する人が少なければ自然と価格は下がりますよね。

今後少子高齢化で郊外の物件が値上がりすることは考えられません。

私も経験ありますが父親が老人ホームに6年お世話になってさすがにその間は売却できませんから結果的に亡くなって売却したら当初の予定額からマイナス500万でしか売却できませんでした。

知り合いの不動屋さんが言ってましたが郊外の(関東でいえば国道16号線の外)駅からバス15分という物件は引き合いが少ないって言ってましたね。

たしかに地元企業で働いている人ならともかく東京に通うサラリーマンには厳しいでしょう。
企業戦士だった年代は片道2時間ぐらいは普通でしたが現代では??です。

いずれにせよ実家の査定をして現在の状況を把握することをお勧めします。

↓150万件の実績、見積り無料↓
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

Copyright© 団塊世代の不動産マンション売却・無料一括査定 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.